2018年4月24日火曜日

癒し効果

なかなか雑誌の仕事が終わりません。毎晩遅く帰ったり、休日返上したりしてるんですけども。今週中には絶対に片付けないと!

月曜日、仕事しつつも、夏前の恒例行事の縫物を決行。そう、本当に決行!みたいな気持ちで臨みます。何日も掛けてやるのが嫌なので、必ず一日でどうにかしたい。アイロンもミシンも出しっ放しでやりますしね。
若い猫はハサミにもミシンにも興味津々で、こちらにも苦戦しながらの取り組みです。
いつか怪我させないか、ハラハラしてます。まさか、ハサミに飛びかかってくるとは!

無事に寝る前までに完成して、出来栄えも問題なし、今日張り切って着ました。
編物と比べると、本当に恐ろしいほどの速さで出来上がるわけですが、考えるとやっている間の癒し効果は全くない。
やっている間に眠くなることもないし、テレビ見ながらなんて無理だし、考え事もできない。
やっぱり編物の方が好きです。

でも、この速さは捨て切れませんね。1日で着られるものが出来上がるなんて!
明日着画撮ろうと思ってます。

2018年4月14日土曜日

責任が取りたい

責任が取れる仕事が好きです。
20台の頃はそれを自分が求めてる事がわからず、何をやってもこうしっくりきませんでした。

よく、好きを仕事にしていいですね、と言われるんですが、多分責任が取れる仕事をしようと思った時に、手持ちのスキルを思い描いて得意な事を選択しただけなんですよね。それを元に仕事をやってみようと。
人とは職業選択のキモが違う気がします。だから、そう言われる度に違和感があるのかもしれません。

厳しい納期の編物は落ち着き、今は新しいデザインとその企画、もちろん雑誌の仕事をやってます。パターンの責任者として、全体を見ながら細かい直しをするのが私の仕事。今回は量も多いので、なかなか終わらないのです…

そしてあんなに遠かったGWがもう目の前!
旅行の予定を立てていますが、夫が予定通り休みが取れるのか、そして私達の長い留守に腕白と甘えん坊に拍車がかかっている小さな黒い猫が耐えられるのかが、我が家の今の心配事です。

2018年3月19日月曜日

青文字系

ブログをiPhoneで書けるようになれば、もっと更新しやすい事に気が付き、それ用のアプリを入れてみました。これで、もっと頻繁にアップできるはず!

今日は午前中時間があったので、春に向けての洋服の見直しをしました。
とにかく捨てるのが大得意の私。今回もまあまあな分量を捨てました。今流行りのネットでの古着販売は面倒でやる気なし。

一応、私なりに法則がありまして、およそ2年着なかったものは、捨てることにしています。
いつか着るかな、は無しです。着ないという事実だけを重要視。今、着たいものだけを残すわけです。

仕事柄、自分なりにいいな、オシャレだなと思う格好をする事を心掛けています。
先日の撮影現場で初めて知った、雑誌の赤文字系、青文字系ジャンル。私はもちろん青文字系なのですが、思えば誰かの為に洋服を選んだ事がありません。夫には不評な格好も多々あるようで、結婚前はその事で何度も喧嘩しました。今はもう諦めているようですが。真緑のセーターとか、ギョッとされてます。可愛いのにね。

その気持ちがあるからなのか、未だにリクルートスーツを見ると、胸が痛みます。私は一度しか着る機会が無かったのですが、その時でさえ、面接前ギリギリにスーツに着替えたんです。あれを着て街を歩くことに耐えられなかった。

もう好きな格好だけして生きていればいいって最高だなと思う毎日です。


2018年2月26日月曜日

夢に出るぐらい

毎日、製図して計算して編む、の繰り返しをやっています。
このデザイン仕事はamirisu15の煙霧から始まったのでおそらく去年の10月から、連続6枚目!だいぶ長い間、人のパターンを編んでいません。チェックはたくさんしてるんですけどね。

最初にパターンを書いたあの時よりも、もちろん色んなことが上手になって、素早く仕事ができるようにはなったのですが、今でも作品が出来上がるまですごく怖い。納期までに自分の納得するものが出来上がるかどうかが怖いんです。
世の有名デザイナーさん達はデザイン画やパターンを書いて、誰かに編んでもらうということになるわけですが、なかなかそこまで思い切れていないのと、納期が厳しすぎて人に頼みづらいということもあり。
もう少し計画的に!今年こそいきたいものです。
今回のも頑張っていますが、上手くいくかな。もう2回ぐらい夢に出てきました。

このデザイン仕事が終わったら、少し違う手芸をやって息抜きしようと妄想中。
久しぶりに刺繍とか、洋服縫ってみようかなとか。ワンピース作りたかったんですよね、去年も。

妄想だけで終わるかもしれませんが、妄想ぐらいは許してということで。
さて、今日もゴール目指して編みましょう!

2018年2月5日月曜日

スーツケース

先週の東京出張最終日に、愛用のスーツケースのキャスターが壊れました。どうも車輪の一つが回らなくなってしまったみたい。
思えば、関西から東京へ毎月1回出張に行くようになって、たぶん4年ほど。夫のスーツケースを奪って、せっせと使いましたもの。壊れてもおかしくない。
新店舗に移転したその出張で壊れるなんて、ずいぶん印象的な出来事だなと思いつつ、疲れて倒れそうになりながら帰ってきました。また木曜日から東京なんですが。

表参道にレッスン用として小さな部屋を借りた2年半前はただただ嬉しい気持ちだったのですが、現在の場所に店を出すと決めた今は、嬉しい気持ちももちろんありつつ、経営者として考えることも多く、前よりは気持ちを引き締めて臨んでいるといった心境です。
いつも思うのは、私自身がお店に来て、嬉しくなるようなお店作り。海外で品揃えの素敵な毛糸屋に入った時、本当にワクワクするんです。
あの高揚感を味わってもらえるようにしなければといつも思っています。
長い長いお付き合いの生徒さんはこれで6回目の移動の人もいるとか!(私もわからなくなって、この前みんなに聞き取り調査しました)
毎度毎度、移動が多くご迷惑おかけしていますが、今後ともお付き合いよろしくお願いします。

引っ越し作業は非常に大変でしたが、比較的元気にしています。問題は喉だけ。
東京の連続レッスンでだいぶ鍛えられてはいるんですが、やはり喋る仕事なので、喉の疲労が一番堪えます。そろそろ何か対処法を考えないといけない歳になったのかもしれません。

実は宣伝をする前にもう売り切れてしまったのですが、新しいタイプの継続レッスンを立ち上げました。どうもみなさん、資格やなにか指針になるようなものがないと、編み物を仕事にする自信がないと仰るので、ついにamirisuもその事業を始めることにしました。
私一人しか教える講師がいないので、大量にレッスンをやれないのが問題なのですが、様子を見て、また講座増やそうかとは思っています。

東京店での新しい取り組み、今後も色々考えていますので、ぜひご注目頂けると!
とりあえず木曜日までにもう少し喉のケア、頑張ります。

2018年1月11日木曜日

自分を可愛がる

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます!
年末に気が抜けたのか完全な風邪を引き、まだ喉がゼロゼロしています。風邪を引くとすっきり完治までに長期間かかるのは、歳なのか、体力がないせいなのか。同じ風邪にかかったであろう、うちの夫はたったの3日で完全に治ったというのに!羨ましいかぎりです。

年明けと言えば、年頭所感です。「会社のために頑張る」と言い続けた数年ですが、今年はちょっと違うことを考えています。
会社を設立して今年で4年目を迎えますが、本当にこの4年、必死に働いてきました。
第一は会社のため、次はスタッフのため、次は家族のため、のような順番で何事も進めてきた気がします。とにかく全ての行動が会社に繋がっていたと言っても過言ではありません。何か参考にならないか、ネタに使えないか、とにかく毎日考えていました。
別に無理をしていたわけではなく、そうやりたいからそうやった、だけのことです。

でも、年末ぐらいから、少しは自分も可愛がってあげないといけないんじゃないかと思い始めまして。
ここ数年、ぶらぶら買い物するなんて皆無ですし、本屋でゆっくりするなんてこともしていません。いつも買い物は短期決戦です。
空いている時間はとにかく必死に編むか、デザインするか。
ネイルサロンと美容院だって、本当は面倒で行きたくないし、マッサージに行くのメンテナンスのためだし。自分のために使っている時間が考えてみると無いんですよね。

もちろん会社のためには、今後も必死に働く所存ですが、それプラス、ゆっくり買い物してみるとか、ただ黙ってコーヒーを飲む時間を作るとか、本屋で2時間ぐらい過ごすとか、コンサートや美術館にもっと行くとか、楽器を演奏するとか、自分のためにだけに使う時間をきちんと確保する。
きっとその時間も結局は、会社のための何かに繋がるに違いない。そう思ってます。

手始めに、クラシックギターの弦を20年ぶりぐらいに買いました。張り替えて、練習してみようかなと思っています。勘が戻ってきたら、どこかで披露でもしましょうかね!

今年もよろしくお願いします。


2017年11月21日火曜日

所有物

メリさんのブログを読んで、あれ、3周年なんだっけ。と思った私。
日付にとっても弱い私は、何周年とかよくわかってないんです。Googleカレンダーに頼りきりな毎日。

少し前にレディーガガのドキュメンタリーを見ていて、彼女が
「男の所有物にならないようにしてきた」と言ったんです。
あ、私もそう思ってた!そうそう、そう思って頑張ってきた!と。
日本の女性にはかなり手厳しい言葉だとは思うのですが、私はなぜか小さい頃からこのことにかなりこだわりがあったんです。
図らずも、若くして結婚しましたが、うちの夫ともこのことで毎日ように戦いましたし、たくさん泣いたし、悔しい思いもしました。でも基本的にはこれが通る人を選んだんだと思います。私を私として認めてくれる人と出会えて感謝しています。

会社をまさか自分でやるとは思っていませんでしたが、誰かの所有物にはならずに、自分で物事を切り開くを体現すると、私のやり方では、こういうことになったんだなと感じています。

毎日苦しいし、本当に大変なんですが、でも自分の人生に今、とても満足しています。
この満足を継続できるよう、また明日から努力したいと思っています。